【INXX】16personalitiesについて

無人「

はじめに

 16personalitiesというサイトをご存じだろうか? 人々の人柄・パーソナリティをその特性に応じて16タイプのいずれかに分類する性格類型サイトで、ネットで有名な同じく性格類型理論のMBTIの兄弟分である。どちらもユングの性格類型論を発展させたものだ。あらぬ誤解を振りまいては申し訳ないからリンクを張る。

 前々からサイトの存在は知っていて診断自体も行っていたが、最近いろいろ調べ多少詳しくなって面白く感じるようになったので紹介しようと思った。同じ性格タイプの行動や特性を見ているといままで見えなかった自分の在り方が見えてきて、さらなる自身の向上に役立てられるから皆さんも是非やってみてほしい。いろいろネットで調べたがなかなか詳細かつ正確な分類で、好奇心が人並み程度以上ある人には面白いものだろう。

診断してみた

サイトに入るとこんな画面が目に入る。占いまがいの胡散臭い性格テストとは一味違うのでご安心を。

 このように質問に答えていくと性格を診断してくれる。質問数はネットにあるテストの中では多い方だと思われる。同意度合いまで見てくれるサイトはかなり少ない。

結果は……

 

 

 

 

INTJだった。

INTJってなんぞやという方のために説明する。この性格類型論の始祖のユングは性格を8通りに分けた。それを受けてこのサイトでは、

  • 外向型(E)←→内向型(I)
  • 直感型(N)←→現実型(S)
  • 論理型(T)←→道理型(F)
  • 計画型(J)←→探索型(P)

という風に分類しており、2×2×2×2=16通りで、私は内向型の直感型の論理型の計画型というわけである。MBTIや16personalitiesではユングのタイプ論にJ←→P軸が加えられる。

 また性格類型では基本的にどのタイプにも優劣の関係は存在しないとされる。

 下にはこんな説明が続く。特性が強く出てなおかつ優秀だと書いてある通りの人物になると思われる。

これって当たるものだろうか?

 こういうテストには懐疑的な見方をする人が少なくないので所感を述べてみる。結論から言うと、かなり当たっていると思うし、タイプが近い人には多かれ少なかれ似た要素を感じる。

  • このうえなく孤独 → 確かにそうだと思う。昔は自分が内向的なせいでそう感じるものだとばかり思っていたが、よくよく思い出してみると不思議ちゃんとか変わっているとかよく言われていたし、根本的な人としての在り方の時点で違いがあったように感じる。OSが違うというか、まとっているオーラが違うと思う。これはたぶんSかNかの違いが大きいと思う。Nの割合自体少ないらしい。
  • 戦略にたけている → 不明。これとこれをつなぎ合わせれば面白いことになるだろうと直感することはたまにある。戦略が必要になる場面がそもそもあまりないので何とも言えない。ただ根気強いので長い目でみて気を長くして堅実に取り組んでいくという特性はある。
  • 知識欲が強い → その通りと思う。心理学に外国語に天文学に歴史学に……、とにかく知識の有無は置いておいてなんでも食らいついてしまう。何となく気になる。本屋で背表紙を見ているとだんだん買いたくなる。本の内容を想像して楽しくなる。ただ時計を分解して楽しむとかそういったアクティブな好奇心は薄い。面倒なことはしたくない。
  • 野心にあふれている → その通りだと思う。就職なんてつまらないことはまっぴらごめんだ。没個性のくそったれ(失礼)にはなりたくない。中小企業だったら面白いことができるかもしれないとは思うけれど、やっぱり起業してみたいし作家として飄々とやっていきたい。

 スクショにはないが、下の方にスクロールするとこういう一節がある。

規則や制限、伝統は、建築家型の人達が忌み嫌うものです。あらゆる物事は、疑問視され再評価される余地があるべきだと考えていて、機会を見つけると、論理的に優れ、時には配慮に欠けた、そしてほぼ例外なく型破りな自らの方法やアイデアを一方的に成立させます。

  • 規則や制限、伝統を忌み嫌う → 制限は確かに嫌いだ。可能性を排除するのは基本的に愚策だと思う。やりたいことはのびのびと自由にやった方が面白いし、何かに拘束されるなんて、たとえ相手が世間だとしてもバカげている。時代の潮流には乗りながらに反抗していくべきだ。
  • 論理的に優れ、配慮に欠け、型破りな方法やアイデアを成立させる → 論理的に優れ、配慮に欠け……ているかどうか知らないが、例えば少子化や労働力不足は試験管ベイビーとして優秀な人間の遺伝子を利用し解決すればよいのにと思う。愛着などは独立した機関を設置して、心理学者の監修のもと専門家が赤ん坊の性格に配慮しつつ対策すればよいと思う。配偶者のいない体外受精のようなものだろう。なんの教育もされていない両親に養育されるのと、果たしてどちらが人道的か? 資金面は政府がその効果をみこして提供すればいい。きっとすばらしい新世界が提供されよう。かしなぜこんな簡単なことを誰も検討しようとしないのだろうか? 政府の陰謀に利用されるとか思うのだろうか? 中国のように? あれは政府ではないか。エイズ対策だし。とはいえ結局中国が先んじるんだろうなあ……。(追記、2020年7月現在人工子宮はまだ実現していないらしい)

 という様子である。サイトのように誇張気味というかあそこまで露骨ではないにしろ、多かれ少なかれ当たっているのではないかというのが私の感想である。当たっていると思うからこそ今回紹介いたしたのだ。

おまけのコーナー!

 過去にも何度か受けたことがあるので、その推移を掲載しておく。最初のうちは自己理解が不完全で煮え切らない解答を多くしていたので、性格の傾向が弱く出ている。

 最近の変更を上げると例えば、「事業を持っていたとしたら、忠実ではあるが業績が芳しくない社員をクビにすることは非常に難しいと思う。」という設問に関して、忠実であるなら一人の人間として扱いやすいと思い同意するの方に解答をしていたのを、その人に感情的に入れ込みクビにできなくなるかどうかを問う設問だと推測し直し同意しないの方に解答を変更した。

 以下列挙。最初の頃一度だけ違うタイプになったことがあるが、何タイプだったかは記録しておらず忘れてしまった。

2020年1月29日

5月4日

5月23日

5月24日

6月29日

7月16日

 複数回やると設問に自分の好みのタイプに判定されるよう答えるから駄目だという批判がネット上でしばしばみられるが、私はいまだにどの設問がどの傾向に対応するのか理解しきれていない。今回も計画に関する質問にやや否定的に答えたはずなのだが計画型の気質が強まっているし、慎重型の気質が強まるような答え方をした気がするのにむしろ逆に弱まっている。

 何にせよこういうテストに客観的に答えるのは自分のためになるので積極的にそうすべきだろう。自分の思い通りに答えたところで得はない。

終わりに

 MBTIなど16類型はもっと奥が深いのでいずれまた触れることがあると思う。性格類型は自分の能力向上や適性発見にも応用することが可能で、相手の性格をおおまかに予想して接し方を調整することも可能だ。人の性格をパズルのように楽んで把握し関係の構築に役立てるのもいいだろう。

 そして奇跡的にこのブログに到達して興味を持たれた方は是非結果を教えてほしい。今まで一度しかブログにコメントをもらったことがない。

参考

MBTI入門は中古で買った方がいいと思う。以上」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です