NO PAIN,NO GAIN

今年度のおおよその予定+駅弁の合否

又「今年度は前年度ほど勉強時間を取れないことを加味して、どのように日々を過ごしてゆくか考える。バイトしながら最難関大に食らいついていくから、似た境遇の人がいれば参考にしてほしい。とはいえさんざ失敗しているのであくまで参考程度に。自分にあった勉強スタイルを見つけるのがベスト。その方が覚えようという意識がうまく働くと思う。

模試にペースメーカーとしての役割を担わせて、受けすぎて疲弊しないように連続して受けない。一回受けるだけで5000円かかるからね。

まず五月に河合のマーク模試を受ける。新テストの模試もこの時期にあるのかはまだ不明。

それから八月頭の河合の東大模試を受ける。

さらに九月中旬の駿台のマーク模試。

十一月頭の東大オープン。

十二月中旬の駿台マークプレ。

金銭状態によっては九月のマーク模試を抜いてもいいと思う。五回で26000円くらい。新テストと二次で35000円のはず。月当たり五千円、バカにならないな。

五月くらいまでは数英を重視して、古典も時折挟み、演習も月二くらいではさんで細かなペースメーカーにする。レベルの高い演習がないと気が抜けてしまうから必要だと思う。前回は単調な勉強をつづけたのもあって、マンネリ化してしまったから反省。

あとでどうマンネリ化を防ぐか塾考したい」

余談、駅弁の合否

駅弁の合格発表があった。なんだかんだあって受かっていた。今回はうれしいというよりは、ほっと胸をなでおろす感じだった。今年の合格発表はすべて出そろった。ひとまず妥協したけれど受けた大学は全部うかれた。センターなど失敗があったけれど何とか合格を重ねられたので、来年もぜひ受かっていきたいところ」


東大受験生ブログランキング

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

記事の投稿された日

2020年3月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031