11月20日、浪人期の反省

又「勉強しているときに、ふと冷静になって今年を振り返った。このブログを一時期放棄していたのだが(七月から九月)、その時に何をしていたか詳細に書いていないと思ったからだ。この際だからこれからの方針を見直すためにも振り返ってみたい。覚えているうちにかけるのもいいことだ。

 

僕が勉強を開始したのは3月頭からだったと思う。この頃はまだ勉強の方針が定まりきっておらず、ひとまずは基礎基本からという方針のもと、例により進研ゼミを解きまくっていた。この頃はどの教科もまんべんなく(理科基礎除く)毎日やっていたと思う。まだ自由時間を五時間程度設けていた。ちなみに浪人始まって以来入眠障害(?)に悩まされなかった時期は三月の前半だけである。悪化したのは確か四月の下旬だっただろうか。この頃は亜人を見ていたコードギアスに次いで面白かったと思う。まどマギと同じくらい。

ブログを始めたのは四月の上旬。この頃になると勉強の方針も定まり、数学も青チャートに移行していた。去年の反省を生かし、とにかく問題演習を重視した。答えをひたすら写すのは覚えられないからやってはいけない。この頃もまだ国語は勉強していた。速単や穴埋め教科書をやり始めたのは四月の頭だったかと思う。勉強時間が大したことなかったというのもあり、進捗はよくなかったと思う。ただ、数学は数1だったから、それなりに進展していた。理科基礎はやはりやっていない。ブログを始めたばかりのこの頃はpvにかなり右往左往していた。サイトデザインにも悩んでいた。精神的余裕がまだかなりあったから、新しいことに積極的に手を付けようとしていたし実際そうした。

五月になると、ふと思い立ってハーモニカを始めた。六月になってほかのことをやりたいと思いやめたが、合格したらまたやりたい。この頃になると、だんだん国語をやらなくなっていたと思う。とくに下旬は数学が数2に突入したため、かなりスピードが落ちた。理科基礎はやっていない。まだ精神的に余裕があり自由時間も変わらず多めだった。

六月上旬になると、唐突にブログランキングから追放された。このことはブログにも軽く書いてあるので是非見てね! この頃模試の結果が返ってきたが、マーク模試の点があまり良くなかったからコテンパンにされた。イヤだねえ。理科基礎はやはりやっていない。国語の勉強時間もどんどん減っていったけれど数学は増えたと思う。社会の穴埋め教科書の進捗はあまりよくなかった。国語英語は進研ゼミがベース。下旬から速単に代わり解体英熟語を始めた。二月くらいやっていたと思うがあまり効果は感じていない。難しい熟語は忘れてしまった。

七月になり初めて危機感を感じ、自由時間を四時間程度に減らした。六月からこの頃は寝つきがかなり悪かったと思う。今もこの時並みに悪い。ちなみにこの頃は今のように寝つきが悪くても勉強時間を増やさなかったので、進み具合はだいぶ悪かったと思う。下旬に受けたマーク模試がさらに悪くなっていたからいよいよもってしごき倒された。数学はチャートがわからず停滞していたし国語はすっかりやらなくなっていた。今年の暗黒期といえる。ただ英語は多少成績上昇がみられたし読書もそれなりにしていた。

八月はあまりの暑さに悶絶していた。理科基礎はやはりやっていない。国語も同様。英語は下旬から頻出英文法1000に移行。ちなみに音読は速単のみ。数学は停滞ぎみで、社会も進みはよくなかったように思う。

九月になるとブログに復帰する。下旬にはこのままではまずいと思い、数学は基礎基本に帰り、全レベル問題集1に手を付け始めた。ちなみに一年前にも一度解いていたがすっかり忘れていた。忘れるようでは勉強しても効果が出まい。国語理科基礎は同様。自由時間は三時間くらいだが、若干危機感が増え始める。

十月、理科基礎も国語もやらず。数学は継続して英語は下旬には高2分まで解き終えた。下旬は勉強時間が減り、頻出英文法だけになっていたが、これは効果があったように思う。同じく下旬になると自由時間は模試に合わせてゼロに。ただし上旬から、寝られずにうなっていた時間がかなりある。この頃からまた悪化していた。

十一月上旬には頻出英文法、穴埋め教科書を終えた。模試に合わせて論述問題をやり、英語の勉強時間も回復しつつある。ちなみに上旬の間は要約や模試の解きなおしもやっていた。数学は全レベル問題集から離れ、解きなおしへ。なお勉強時間は減っている模様。国語はやっていない。理科基礎はセンタープレに合わせて化学だけかなり時間をかけてやっている。社会の代わりにね。東大模試をきっかけに、かなり焦燥感に追い立てられている。

 

みると、国語を三か月以上ろくにやっていないようだ。いくら対策しづらく問題自体は易しいからといってもまずい。最近は過去問を解き始めたが。英語は英作対策に例文暗記を始めたものの、勉強時間は二時間程度に。十月下旬は一時間程度だった。数学は過去問など実戦的なものを中心に、ときおり基礎に帰るという方法を取り始めた。過去を振り返るに、この方が進みがいいと思う。最近は社会に時間をかけすぎたことを反省して、数英化学にまわしている。

ここまで振り返りかえってみたが、やはり実戦的な演習をもう少し増やすべきだろう。英語は進研ゼミで実戦問題もちまちま解いてはいたが、慣れるためには一気にやるべきだと思う。とはいえ一気にやってマンネリ化するのは避けたい。あとは早寝早起きが実現できればいいね。

字数が多くなったので終わる。

受かりたいねえ。受かりたい、今年」


東大受験生ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です