謙虚は人の為ならず。

10月23日、センター、二次の目標点について

又三郎「今日は久しぶりに早起きして勉強できたので中々ボリュームのある一日だった。数学はいまだに全レベル問題集のレベル1を周っているのだが、まあそれは置いておこう。センターまで三か月を切ったところだから、今日は大雑把に目標点を考える。理科基礎は今のところは50点を超えるかすら怪しいが、上がるものとして考えたい。それどころか上がらないと困る。以下目標点列挙(カッコ内は低めの目標点)。

国語:170(160)

数1a:90

数2b:80(75)

英語:190(185)

日本史:90

世界史:95

化学基礎:40

生物基礎:45(40)

合計800/900(775)

高めに設定するとこんなところ。少々苦手なセンター国語の点に無理があるような気がしたので、低めの目標点も設定してみた。やはり低めの目標点は確実に超えたいところではあるけれど、数学や理科基礎は随分シビアだろうとは思う。うーむ、精進したい。古典で90以上を確実に出せるようにするのも大切だ。

それから二次の目標点も考えておきたい。僕の場合、センターで差がつけられないだろうから二次で人並み以上には点を稼ぎたいところだからセンターよりは厳しめの目標点になる。以下目標点列挙。

国語:60/120

数学:45/80

英語:75/120

日本史:40/60

世界史:40/60

合計:255/440

歴史以外はハードルが高い。特に英語と数学はコツをつかむようにしなければ、こうは上がらないだろうなあ。それぞれ40点ずつアップ……、第二回東大模試はどうなることやら。

今日は久々に10時間勉強できて満足を感じているのだけれど、予定では毎日10時間以上勉強するはずだったし、進捗に関しても二か月以上遅れが出ている。やはり予定は達成できないもの、あるいはかなり余裕をもって組むに限るらしい。これを見ている受験生にはそう言っておきたいね。今年に入って英語の構文対策や英作文対策はろくにできていないし、数学も基礎基本の補填にいまだに奔走しているありさまだ……、反省。この調子だと、数学の過去問はセンター後に詰め込んで、11月半ばまでに基礎基本を完璧にし、12月いっぱいまではプラチカか何かをやり、1月の20日間でセンターの過去問をやりこむほかないだろう。計画もそれなりに過酷ではあるがこれくらいはやっておきたいね……。やはり数学の基礎基本は教科書の例題を見ながら叩き込むほかないぞ、来年以降に受験する人は夏休みまでたっぷり使ってでもいいから、それまでに教科書併用で基礎基本を完璧にするのが吉である。苦手な人間はだいたいそういう過程をすっ飛ばしているからいつまでもできないものなのだろうなあ、と教科書を使いだした最近よく思う。どの教科も解説は適宜挟み込んで、問題演習を死に物狂いでやるのが一番の近道! 僕が二回の受験でひしひしと感じたことである」

すず「まだ終わってないけど」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

記事の投稿された日

2019年10月
« 9月   11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031