謙虚は人の為ならず。

第一回全統模試偏差値・判定

又「全統マーク、記述模試の成績表がそろったので、遅ればせながらお見せしようと思う。あまりいい結果ではないが進捗の指標に。

(画像を大きくするすべがなかったので拡大してご覧になってくださいお願いします。)

第一回全統マーク模試(五月)(自己採点結果はこちら→https://suzukazenokuni.com/.te/2019/05/08/mark1/

同じく記述模試(五月)(自己採点結果はこちら→https://suzukazenokuni.com/.te/2019/05/26/zk1/

偏差値はこちら

見たところ、現役ならまあ許されると言ったレベルでしょうか。今までの自分の全統模試に比べれば(昨年11月の記述模試五教科偏差値55.2)みられる成績になったという感じではある。特に記述に関しては数学で偏差値60近くをとっているので悪くない。基礎を完璧にできればさらなる向上が見込めるだろうから頑張りたいと思う。もっとも運が良かった側面は否めないので油断はできないのだけれども。また国語は時間の感覚を把握しているせいか好成績だ。今までの自分なら時間内に終わるか怪しかったからこれはいい傾向だ。英語は記述で、日本史は両方でややこけているが、どちらも文法など基礎的な部分での失点であったから早急に改善したいところだし、改善できれば得意教科にも持っていけるだろう。

判定はこの時期からしてみれば芳しくないが、個人的には北大でも今まではD判くらいしかとったことが無かったからうれしい(純真)。旧帝でA判は見栄えが良いようだ。慶応はC判。ここまでは悪くないけれども、気にするべき肝心の東大でE判を量産しているがこれでは仕方がない。本末転倒だ。この判定が覆せるよう頑張り、今月末の模試ではC判以上をとっていきたいところだ、が、果たして」

関連記事

アーカイブ

記事の投稿された日

2019年7月
« 6月   9月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031